2008年11月21日

電子渡航認証システムESTA(エスタ)

モニュメントバレー
ジョンフォードポイント 
撮影=2007年7月 

アメリカへ観光などの短期滞在の目的で渡航する場合、
2009年1月12日以降、事前に
「電子渡航認証システムESTA(エスタ)」によって
認証を受けることが必要となりました。

つまり、アメリカ訪問のハードルがひとつ増えたようなものです。
何しろ、この認証を受けるためには専用のウェブサイトから
英文で申請を行い、回答は大概即座に行われるものの
認証を受けないまま出発しても
航空機への搭乗や米国入国を拒否されるというもの。
また、認証されたからと言って
入国を必ずも保証したものではないと・・・

モニュメントバレー
撮影=2001年9月

金融危機対策、テロ対策とアメリカも忙しいことです。
見に覚えがあるので、お金も人も信じられなくなっているのでしょう。

まぁ、ひと事ではありません。
そのツケがこちらにも回ってきたのです。
申請の内容は今までの出入国カードと同じとは言うものの
インターネット環境にない友人の一人は
「英語はわからんし、パソコンはできんし、かないませんワ」と
さかんにぼやいています。

参考
http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/toko/passport/us_esta.html








posted by Dolly at 20:55| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

2009年カントリーカレンダー

執拗いようですみません。
気になることがあると気になるたちなもんですから・・・
もっとも忘れることも早いですが・・・

ここにアマゾンで売っているカレンダーの画像があります。
2008年用           2009年用
2008  2009 

下は実際に私の手元にあるカレンダー
2008年用      2009年用表と裏
2008momose   2009カレンダー  2009カレンダー2

さかのぼって見てみると2007年用カレンダーも
まったく同じ写真を使っています。
ところが中身は年ごとに違う写真なので
買ってからのお楽しみ・・というところでしょう。

SugerlandのJennifer Nettlesが体調をくずしたと
少し前に聞きましたが8月に
そしてカワイコちゃん Taylor Swiftが5月に、
これも買ってからのお楽しみなのでしょう。


posted by Dolly at 12:39| Comment(2) | My Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

Country Music Hall of Fame and Museum 2009 Calendar つづき

前号を投稿してから気がつきました。
友が買って来てくれた版とアマゾンのとではちょっと様子が違います。
表紙とラインナップが違います。

こちらが私の手元にあるカレンダー
ラインナップは前号のとおり
2009カレンダー

10人までは同じメンバー。
アマゾン版ではTaylor Swift、Sugarlandの代わりに
Big & Rich、Brooks & Dunnと去年とまったく同じ顔ぶれ。

これはどういう事かな?
誰か教えて!goo!
posted by Dolly at 21:12| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Country Music Hall of Fame and Museum 2009 Calendar

2009年版ホールオブフェイムカレンダー



今年は9月にナッシュビルへ行った友人に
一足早くこのカレンダーを買って来てもらいました。

今年のラインナップは・・・
1月  Alan Jackson
2月  Keith Urban
3月  Martina McBride
4月  Tim McGraw
5月  Taylor Swift
6月  Toby Keith
7月  Kenny Chesney
8月  Sugarland
9月  Brad Paisley
10月  Gretchen Wilson
11月  Faith Hill
12月  George Strait

Gretchen Wilson
  

友がこれらのグッズと共に運んでくれるCounty Musicの香りには
旅情を掻きたてられて矢も盾もたまらず飛んで行きたくなります。
posted by Dolly at 20:30| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

あそBOYとデュランゴ鉄道

あそBOY
熊本の阿蘇の麓を走るアメリカ西部開拓時代に活躍した客車風に改造した「ウエスタン風客車」
蒸気機関車ハチロク(8620型)が牽引する臨時快速列車の名前です。
あそBOY

参考→こちら

アメリカコロラド州ロッキーの懐深く
サンファン国立森林公園の中を走るデュランゴ鉄道。
西部の香り漂うシルバートンーデュランゴ間を3時間で走る。

参考→こちら

2006年6月
私たちはCountry Jamの興奮も冷め遣らぬままこの列車に乗りました。
デュランゴ鉄道  デュランゴ2

あそBOYとこのデュランゴ鉄道のSLが
平成元年10月姉妹列車提携を結んでいたという事を私は
つい最近知りました。

「姉妹列車提携」とはどんなものかは分かりませんが
共通なのは私にとってはどちらもCountry Musicにからんでいる事。

もう少し早くに知っていれば感慨もまた違っていただろうに
1995年から熊本通いをしていながらあそBOYに乗ることなしに
2005年、老朽化を理由にこの列車は運行終了となってしまいました。

今はディーゼル機関車牽引となり名前も「あそ1962」になり
「姉妹列車提携」もどうなったのやら。

乗り物文化、観光産業の違いを見る思いがします。
posted by Dolly at 20:10| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする