2013年12月27日

ブラスト音

凄まじいほどのブラスト音とバラバラと降るように顔にかかる石炭殻。
その名の通りの風光明媚な大地と白樺林を抜けて来る爽やかな高原の風。
オープンデッキに乗る人々は誰もがこの瞬間を楽しんでいる。

コロラド州の蒸気機関車は鉄道ファンならずとも
SLの虜になるほどの迫力と魅力に満ちている。

ここにCountry Musicがあれば言うことなし。でも残念、無かったんだな、これが。


撮影=2013/8



posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

チャマ駅前通り

Cumbres & Toltec Scenic Railroad
(クンブレス・アンド・トルテック・シーニック鉄道)
「クンブレス峠とトルテック峡谷の風光明媚な鉄道」という名の
この鉄道の起点駅「Chama(チャマ)」の駅前は閑散としている。

年間20万人が訪れるという観光客を迎える土産物店も飲食店も見当たらず
食糧店さえない。
たまにあっても閑古鳥が鳴いていた。
チャマ駅前通りチャマ駅前通り撮影=2013/8/31

あるのは2車線の幹線道路と普通の民家がひっそりと並んでいるばかり。
駅はと言えば日本の無人駅より小さくグッズなどは何処を見ても売っていない。
チャマ駅撮影=2013/8/31
時間がこれば三々五々集まって列車に乗り
列車が着けば駐車場からあっという間にどこかへ散っていく。

車を持たない旅人のためのタクシーなど皆無だ。
英語も話せず車も食糧も持たずの私たち夫婦が露頭に迷ったのも当然である。

でも・・・
それでも面白さ、楽しさはこの上ないと感じるのはどういうわけだろう。
また行ってみたいと思う。

お・も・て・な・し日本は・・・・
何時までもホテルの庭先で手を振られて見送られても
それでもう一回そこへ行ってみようと思ったことはない。

何故だろう・・。
わからない・・・




posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

ガラカン

IMG_4260.JPG
2013年熊本Country Gold
この日の最後の出演者、Aaron Tippin

スパイダーマンが出て来たかと思った。
大げさに言えば衝撃的。

鼻にかかったハイトーンボイスは紛うことなきカントリー。
何だかダンスの皆さんも戸惑っているように見えたのは気のせいか。

ステージスタイルはエンターテインメント性100%。
まさにアメリカスタイルそのものではあった。

アメリカで見たライブでは日本的カントリーダンスは
正直言ってみたことがない。

殆どがカップルダンスであるし、第一集団では踊らない。
却って日本のダンススタイルを珍しがられたことも。。。。
P1010010.JPG
格好をバッチシ決めて踊るのが日本式

「盆踊り」と揶揄されるカントリーダンスだが
日本では今やライブでは欠かせないものであるようだ。

独自の進化を遂げた携帯電話がガラケーなら
日本のカントリーはさしずめ「ガラカン」・・・かな。。。

IMG_1544.JPG
格好には全く無頓着、というか普段着でカントリ−を楽しむ
アメリカの観客。若者で溢れている。




posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | My Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする