2014年04月19日

Wayfaring Stranger

1989年来日したBill Monroeが水前寺公園で
胸に手を当てて口ずさんだという「Wayfaring Stranger」

詞、バージョンがいくつもあるというアメリカの古い民謡である。

この世に彷徨える哀れな魂の帰するところは
神の御許だ、という内容の宗教歌。

カントリーでも何人もが取り上げている。
Bill Monroe、Johnny Cash、Emmylou Harris
Sam Bush,Alison Krauss, Allison Brown  etc

細川家の初代藩主細川忠利公が築き
築山や浮石、芝生、松などを配し池を中心にした
桃山式回遊庭園という水前寺公園。

この細川の殿様の美しい山水を前にして
Bill Monroeの胸に去来したものは何だったのだろうか?

何がBill Monroeの心を捉えてこの歌を口ずまさせたのだろうか?

3つのバージョンでどうぞ。
Trace Adkins


Michael Parks


The Broken Circle Breakdown Bluegrass Band



posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | My Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

The Lion Sleeps Tonight

前記事の「オーバー・ザ・ブルースカイ」は
アメリカに憧れるバンジョー弾きが主人公。

なので全編ブルーグラスなのだが劇中ではこの音楽、
アメリカのカントリーミュージックとして語られている。

その中でカントリーと言うより1960年代大ヒットしたアメリカンポップの
「The Lion Sleeps Tonight」が歌われていた。

愛娘の一時退院を祝うため夫のバンド仲間が
ベッドの回りで歌うシーン。

サウンドトラックにも収録はなし、あまり上手とは言えなかったが
懐かしさに思わず身を乗り出してしまった。

1961年全米ヒットチャートNo.1「The Lion Sleeps Tonight」
The Tokensでどうぞ。




posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | My Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

オーバー・ザ・ブルースカイ

原題「The Broken Circle Breakdown」

全編に流れるブルーグラスはなかなかのものだが
これはアメリカ映画でもないし音楽映画でもない。

ベルギー映画でヒューマンドラマである。

*********************************

この世にあふれる不条理に遭遇した時
人間は如何にして生きるのだろうか・・・

この世の不条理や矛盾にさらされ
人間は如何にして苦悩や葛藤を乗り越えて行くのだろうか・・・

映画は
強い愛によって固く結ばれていたはずの夫と妻が愛娘の病気による死をきっかけに
脆くも絆が断ち切られて行く様を過去、現在を複雑に交錯させながら描いて行く。

妻と夫の間に横たわる相反する二つの価値観。
例えば
信仰心の篤い妻と神の存在を否定する夫。

死後の魂の輪廻を信ずる妻は鳥や風に亡き娘を感じ、死を受け入れる事が出来ない。
一方夫は死とは単なる物体の消滅と捉え死を受け入れ前に進もうとする。

顕在化した死生観、宗教観などの相反する違いにより
二人の心はすれ違い、傷つけあうようになる。

やがて物語は決定的に絆が断ち切られるエンディングへと突き進む。

***********************************

劇中バンジョー弾きの夫のライブとして演奏されるブルーグラスは
節目々々で、描かれた心情を反映させながら物語を紡いで行く。

演奏はすべて出演俳優たちの実演という。
このために結成されたバンド
「The Broken Circle Breakdown Bluegrass Band」の
サウンドトラック盤はiTunesで配信されている。
alabama2.JPG

*********************************
このブルーグラス
ベルギー流とでも言おうか、ルーツと言われるスコッチ風に聞こえるのは
気のせいだろうか・・・・

**********************************

映画は最後に妻の体に彫られたタトゥーを映しだす。
「Alabama & Monroe」
alabama.JPG

断ち切られた絆は時空を超えたどこかで再び繋がるのだろうか・・・
オーバー・ザ・ブルースカイ・・・・

***********************************







posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | My Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする