2015年08月28日

A氏の思い出

P1010284.JPG

今朝 A氏の訃報が入った。
びっくりすると同時に思い出すのはもう16、7年も前のある事である。

ナッシュビルのWildhorse Saloonで、
広大なダンスフロアを3方の階上から見下ろす形で見物していた時の事。
アメリカ人の大きな背中に阻まれて何にも見えやしない。

背伸びをしながらうろうろしていると
一人のアメリカ人が最前列の手すりまで私を押しやってくれたものだ。

おかげで見物は堪能したもののアメリカ人の大きな壁から抜け出す事は
最後までできなかった。

チャージした飲食物の事が気になっていたが
案の定テーブルはすでに空っぽで誰もいなかった。

その時、私に代わってチャージ代を払ってくれたのが
ツァー仲間のA氏であったのだが、その時は初対面であったため
大いに恥ずかしく思ったものだ。

最後に逢ったのは3年ほど前だろうか・・・
ギターを抱えて歌手の奥様の伴奏をされていた姿が目に浮かぶ。

このブログの過去の関連記事はこちら↓
The Rose

Rest in Peace









posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | My Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

Apple Musicやってみるしかない(3)

Apple Music始めて1ヵ月余
只今無料トライアル進行中。
順調。快適。魅力的。

IMG_0425.PNG

今まで割愛していた歌手はもちろん
聴かず嫌いだった歌手も試しに聴く事だってできる。

「プレイリストが壊れた。消えた。表示されない」「別の曲が再生された」
「好きな曲が少ない」「iTunesと同期できない」などのトラブルは皆無。

これらのトラブルの大半は「iCloudミュージックライブラリ」が絡んでいる。
Wifiで聴く限り「iCloudミュージックライブラリ」をオンにする必要はない。
ストリーミングで聞けばいいからだ。

外出中は「マイプレイリスト」を聞けばいい。

ただ、外出時専門にはiPhone4sを充てていてそれだけは
「iCloudミュージックライブラリ」はオンにしている。

これでプレイリストが壊れた、消えたところで
「iCloudミュージックライブラリ」をオフにしてiTunesと同期すればいいだけ。
と思っているが今のところそんなトラブルの気配も無い。

と言う事は私は単純な聞き方しかしていない、と言う事なのかもしれない。
凝った聴き方を知らないだけなのだが・・・・。






posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | アップル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

Hunter Hayes坊や

Hunter Hayes4歳の頃


そして今23歳


好きな歌手である。

過去の記事より
2014年05月22日の記事はこちら



posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

Songs About Oklahoma

猛暑が続く今年の夏。
動くのも暑苦しく団扇片手に本をめくっている。

「スギハラ・サバイバル 」著者:手嶋龍一

この中に登場するオクラホマ人のマイケル・コリンズと
オクラホマ州の事が描写されているところを
頭の中に火が付きそうになりながら読んだ後・・・

「For You」を開いてみると・・・・

まさか今私が何について読んでいるか察したわけではないだろうが
「Songs About Oklahoma」
oklahoma.JPG

思わずうなってしまった。

The Day That She Left Tulsa・・・Wade Hayes
Oklahome Borderline・・・Vince Gill
Tulsa Time・・・Don Williams
Oklahome-Texas Line・・・Rascal Flatts
Okie From Muskogee・・・Merle Haggard
Oklahoma Wind・・・Mel McDaniel などなど16曲

「For You」ってすごい!のかソラオソロシイのか?
何かコンピュータに支配されているような変な気分である。




posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | アップル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

Apple Music For You(2)

Apple Musicの「For You」機能
iTunesを起動するたびに「お薦め」が進化している。
そんなに薦められても聞ききれなく困ってしまうほど・・・
入れ替わり立ち代わり「私のために」お薦めのプレイリストができている。

アーティスト個人のアルバムであったり
コンセプトに沿ったコンピレーションであったり。

今日の「お薦め」の中から「Vince Gill:The Sad Songs…」を再生。
4枚のVince Gillのアルバムの中から12曲の「Sad Songs」

vincegill sad song.JPG

小一時間のBGMでパソコンでの作業は楽しいものとなる。
聴いているのは「悲しい歌」なんだが・・・・。

「お薦め」プレイリストは魅力的で手軽に色々な曲を楽しめるものではある。






posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | アップル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする