2013年10月01日

58654

下の画像は日本の8600形蒸気機関車「あそBOY」のナンバープレートである。
米コロラド州デュランゴ駅に併設の鉄道ミュージアムに展示されていた。

あそBOYについてはこちら

58654
撮影=2013年8月

この日本のJR九州所有のSLのナンバープレートがなぜここに?
一緒に展示されていた説明板にその経緯が記されてあった。

「1990年、デュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の副社長と秘書が
あそボーイに乗った時、ナンバープレートを贈られ
お返しにプレート473を贈った」(要約)

1989年に「あそBOY」と「473」との間に
姉妹列車提携がなされたのは知っていたが
その証しを今回の旅で確認できたのは思いがけない感動であった。

JP九州に「473」のプレートは今どうなっているか問い合わせてみた。
答えは
「弊社熊本支社にて保管しておりますが、一般の方への
公開は行っていない状況です。
設置等の経緯については大変恐れ入りますが、確認が
できていない状況です。」(九州旅客鉄道株式会社)であった。


posted by Dolly at 00:00| Comment(2) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デュランゴ&シルヴァートン鉄道ですか・・・。 鉄道に対する日本人と米国人の認識の違いですね。 日本人にとっては文明開化による恩恵の一つでしたが、米国人にとって鉄道とは建国に不可欠だったもの。

かって、このデュランゴ&シルヴァートン鉄道に捧げたLPが出されていましたね。 「473」「476」「478」からのチャッギング音や汽笛がふんだんに取り入れられています。 選曲も好く、演奏も楽しめます。 最後の2曲はダイアモンド・ベルというサルーンでのライヴ録音。 

暇になったらコロラド、オクラホマ、テキサス、テネシーやルイジアナをゆっくりと周ってみたいです。
Posted by Flying Finn at 2014年02月06日 11:22
珍しいLPをお持ちですね。
今回ダイアモンド・ベルにも寄ってきましたが、そんなに由緒あるサルーンなんですね。

BSで以下の放送があります。

2月18日(火)BS6 8:00〜8:30 アメリカの町
    ミズリー州ブランソン「ライブ音楽の聖地」
2月20日(木)BS6 8:00〜8:30 アメリカの町
    コロラド州デユランゴ 「蒸気機関車の走る町」

Posted by Dolly at 2014年02月17日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。