2013年12月13日

チャマ駅前通り

Cumbres & Toltec Scenic Railroad
(クンブレス・アンド・トルテック・シーニック鉄道)
「クンブレス峠とトルテック峡谷の風光明媚な鉄道」という名の
この鉄道の起点駅「Chama(チャマ)」の駅前は閑散としている。

年間20万人が訪れるという観光客を迎える土産物店も飲食店も見当たらず
食糧店さえない。
たまにあっても閑古鳥が鳴いていた。
チャマ駅前通りチャマ駅前通り撮影=2013/8/31

あるのは2車線の幹線道路と普通の民家がひっそりと並んでいるばかり。
駅はと言えば日本の無人駅より小さくグッズなどは何処を見ても売っていない。
チャマ駅撮影=2013/8/31
時間がこれば三々五々集まって列車に乗り
列車が着けば駐車場からあっという間にどこかへ散っていく。

車を持たない旅人のためのタクシーなど皆無だ。
英語も話せず車も食糧も持たずの私たち夫婦が露頭に迷ったのも当然である。

でも・・・
それでも面白さ、楽しさはこの上ないと感じるのはどういうわけだろう。
また行ってみたいと思う。

お・も・て・な・し日本は・・・・
何時までもホテルの庭先で手を振られて見送られても
それでもう一回そこへ行ってみようと思ったことはない。

何故だろう・・。
わからない・・・




posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。