2013年12月27日

ブラスト音

凄まじいほどのブラスト音とバラバラと降るように顔にかかる石炭殻。
その名の通りの風光明媚な大地と白樺林を抜けて来る爽やかな高原の風。
オープンデッキに乗る人々は誰もがこの瞬間を楽しんでいる。

コロラド州の蒸気機関車は鉄道ファンならずとも
SLの虜になるほどの迫力と魅力に満ちている。

ここにCountry Musicがあれば言うことなし。でも残念、無かったんだな、これが。


撮影=2013/8



posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。