2014年01月26日

縁は異なもの楽しいもの・・・

今年のNHK大河ドラマの主人公は黒田官兵衛。
その黒田官兵衛の流れを汲む元華族出身という
日本のカントリー歌手がかつていた。
黒田美治さんという。

かと思えば同じカントリー歌手で
薩摩藩・島津久光のひ孫・島津忠廣さん
薩摩藩士、西郷隆盛のひ孫・西郷吉太郎さんは
いまだ現役でライブハウスで定期的に演奏しているという。

さらにびっくり
2013年第24回IBMA・AWARDSの「特別功労賞」を受賞し
日本のブルーグラスのパイオニヤーズとしても有名な
尾崎恭、恒さん兄弟による尾崎ブラザースは
昨年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公・新島八重のひ孫という。

幕末の宿敵同士であった先祖の末裔が
いまはギターやマイクを持って一緒にカントリーを奏でている。

何とも不思議な縁というか楽しいことではある。

写真は@niftyニュースより
matuei.JPG


posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。