2015年05月17日

San Quentin Prison

米サンフランシスコ近郊のサン・クエンティン州立刑務所では
収容者にIT教育を施してプログラマーなどを養成して自立を促し
起業することなどで再犯率の低下を目指しているという。

ジャンルを越えて多くのアーティストに影響を与えたJohnny Cashが
このサン・クエンティンで最初のライブコンサートを行ったのは
1958年1月1日のこと。

またその後のFolsom Prisonでの歴史的コンサートはのちに
ライヴ・アルバム「At Folsom Prison 」(1968年)や
「At San Quentin 」(1969年)となり大ヒットしたことはご存知の通り。

コンサートでは必ず歌ったという「Folsom Prison Blues」は
オーディションの時サンレコードのサム・フィリップの前で歌った自作の曲。
Johnny Cashの原点の曲である。

サン・クエンティンでは「A Boy Named Sue」を歌いこれも大ヒットした。

Johnny Cashの独特の音楽は刑務所でのコンサートという
独創的発想から生まれて来ているとしたら
同じサン・クエンティンでのIT教育もきっといい結果が得られるのでは
ないだろうか・・・


ちなみに2015年5月14日に亡くなった BBキングも1990年にここでコンサートを行い
その録音アルバム「Live at San Quentin」は翌年
「Best Traditional Blues Album」でグラミー賞を受賞している。








posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。