2018年05月05日

ギブソン

2018年5月3日次のようなニュースが飛び込んできた。

*****
アメリカのギターメーカー、ギブソン・ブランズが1日、
日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条の適用を申請した。
多くの著名アーティストが愛用した著名ブランドだが、
音響機器メーカーなどの買収があだになり、経営破綻に追い込まれた。
リアルサウンド テックより
*****

このニュースは私に感慨を持って懐かしいある光景を思い出させた。

*****************************************************
2000年ファンフェアのある日。ナッシュビルで。

オープンしたばかりの巨大ショッピングモール、オープリーミルズ。
この中の一角にGibson Bluegrass Showcaseがあり
公開修理をしている円形のカウンターの中では
若い職人が修理したばかりのマンドリンを抱えると言った。

「何でもリクエストしてくれ」

それでは、と咄嗟に思いついたのが
「Will The Circle Be Unbroken(永遠の絆)」

「オーケー」彼が貼り付けたばかりのマンドリンを奏でると
カウンターの周りにいた何人かがそれに合わせて歌い
ギブソンの広場はちょっとしたミニコンサートとなった。

******************************************************

gibson.jpg

オープリーミルズにはすでにGibson Bluegrass Showcaseの名前が無い。
ギター生産開発及び販売事業は継続していくそうだが
オープリーミルズもすでに経営母体が変わり
撤退した店舗も数知れないという。

わずか18年の間の浮き沈みの激しさに世の厳しさとはかなさに
感慨深いものを感じている。




posted by Dolly at 20:09| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。