2020年04月02日

コロナウィルス

未知のウィルスが世界を席捲している。

常日頃マスクをつける習慣の無い欧米の人々がこぞって
マスクをつけるのはまさにこういう時のためである。

普段から付けなれている日本人はと言うと
まったく違和感ない光景ではある。

********************************************

2012年
コロラドの野外フェス会場は
夕方になって風が強く吹き出した。

荒野の赤茶けた砂を巻き上げ
会場全体が霞んで見えないほど。

大砂塵

髪といわず鼻のなかといわず砂まみれとなる。

たまらず同行のM嬢は日本から持参したマスクを付けた。

ところがアメリカ人、すれ違うたび誰もが両手を上げて
首を大きく振りながら後ずさりする。

中年の女性からはあからさまに「病気か?」と
大いに嫌な顔をされた。

********************************************

今回ばかりは他人事ではなくアメリカ人にとっては
自分の身に降りかかる大災難の時である。

一刻も早い終息を祈るばかりである。





posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。