2005年08月12日

Amanda

2000年10月熊本の阿蘇の麓、アスペクタでのCountry Gold。
父親のスティーブをリーダーに、娘のアマンダと息子のタイラーのファミリーグループ、「THE WILKINSONS」
この時の姉弟は18歳と16歳。
若々しいパフォーマンスではつらつとした歌を聞かせてくれました。

夜の打ち上げパーティで、姉のアマンダがホストバンドをバックに歌ったのが
「I Wont To Be A Cowboy's Sweetheart」(カウボーイの恋人になりたいの)
18歳が何と古めかしい曲を。。。驚きました。

ちょっと驚いたついでに彼女に聞いてみました。
「Waylon Jenningsの有名な曲にあなたと同じ名前の曲がありますね。」

私の英語が通じなかったのか、知らなかったのか、彼女は首をかしげてしばらく考えてから
軽く何かを口ずさみました。
それは、あのAmandaではなかったけれど、彼女が知らないのも無理はありません。
Don Williamsとこのウェイロン・ジェニングスでヒットした'70年代の名曲なのです。

#アマンダ、君は私の人生の輝き
#14の時からずっとギターを弾いて来た私は未だにそれを続けてる。
#努力してきたんだ、だのに普通の生活は私には無理なんだ。
#君はほかの男と幸せになるべきなんだよ。

(上は私の意訳も意訳、こんな歌なんだろうなと思っての訳)

Waylon Jenningsが歌うのでグッと実感のせまる
そしてギターの印象的な曲です。

「アマンダ,あなたの名前のようにとても素敵な曲ですよ。」
今度も通じたふうは無かったけれど、彼女は微笑みながらサインをくれました。
Amanda


posted by Dolly at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | My Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック