2018年11月04日

ナッシュビル異変

att.JPG撮影=2004/6
ナッシュビルを象徴するツインタワービル(愛称バットマンビル)

人気グループDixie Chicksがカントリー音楽業界から
締め出しをくったのは15年前の事。

当時のアメリカ大統領だったジョージ・W・ブッシュを
公然と批判したためだ。

カントリーのメッカであるナッシュビルは
保守党の牙城と言われるテネシー州の州都でもあるからだ。

それがどうだろう。
テイラー・スウィフトが今はポップ歌手に転向しているとはいえ
民主党支持を表明してからというものテネシー州での
中間選挙では民主党の有利が報じられている。

テイラー・スウィフトが干されることはいくらなんでも
なさそうだが、状況は15年前よりさらに悪くなっている。

全米的な分断が進み世界中にミニトランプが増えているのだから・・・。







posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

Taylor Swift民主党支持を表明

今やInstagramフォロワーが1億1,200万人を超えているという
Taylor Swiftは自分の発言の影響力の大きさを慮ってか
政治的発言はほとんどしてこなかった。

が、ここにきて突然そのInstagramでアメリカ中間選挙で
民主党を支持すると表明した。

何が彼女をしてこの表明となったのかは分からないが
驚きと関心を持ってかの国の中間選挙を見守っているのは
私だけはないだろうと思う。

Taylor Swiftデビューアルバムの中から「Tim McGraw」

YouTubeで見る








posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

SL銀河号とカントリーダンス

JR東日本釜石線の花巻―釜石間を週一往復運航されているSL銀河号。

ガス灯に模した照明やステンドグラスなど
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をテーマにした内装は
大正から昭和を感じさせてくれるという。

この線にも「めがね橋」があり絶好の撮影ポイントは
道の駅「みやもり」だという。

ここへは宮守駅で下車するのがよさそうだが
面白いのはこの宮守駅。

SL銀河号が到着するとカウボーイハット姿で
地元のカントリーダンスチーム「ず〜っとプチエンジェル」が
迎えてくれるのだそうだ。

IMG_5510.JPG信毎新聞・くらしの知恵より

SL銀河の運行日はこちら




posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

オザーク台地

米・ミズーリ州の南部に広がるオザーク台地。

豊かな自然が四季を彩るばかりでなく
100演目を超える公演が朝から晩まで繰り広げられ
国内外からの観光客を魅了しているリゾートの街、ブランソンもある。

諏訪湖によく似たオザーク湖には水陸両用バスが巡行し
ショーボートによるエンタテインメントも盛んだ。

歴史的テーマパークや博物館、美術館、公園
ショッピングモール、ワイナリー・・・

豊かな環境資源がそろっているオザーク台地。

2018/9/5
アメリカの著名な記者ボブ・ウッドワード氏による政権暴露本が発売された。

その暴露本によると、2017/10に、このオザーク台地のどこかで
北朝鮮の指導者を暗殺するための訓練がされていた、という。

あの平和で穏やかで華やかなリゾート地が点在するオザークで
そんなきな臭いことが行われていたとは。

オドロキモモノキサンショノキ・・・だね。

ブランソン・ショージ・田淵ショー
P1010175.JPG撮影=1999

テーマパークでのカントリーミュージックショー
P1010157.JPG撮影=2004






posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

熱中症

2018年7月日本中酷暑である。
熱中症への注意喚起が連呼されている。

6月のグランドジャンクションでは昼間の荒野は40度近くなる。

お目当てのアーティストでもない限りテントの中で過ごす。
テントの中と外では天国と地獄である。

countrujam.jpg撮影='12/6

アメリカ人のタフさは驚異的で熱中症とは無縁のようである。
アメリカ人てスーパーマンではなかろうか・・・

2012年カントリージャム テントの中
一族郎党と思える大勢の白人が座っている若い女性を囲んで
盛んにタオルや団扇で煽っている。

若い男性が赤ちゃんを抱いていたから
ぐったりしている女性はお母さんだろうか・・

おじいちゃん、おばあちゃん、若い弟妹数人が
交代で煽っている。

あぁ、アメリカ人も人であったか。
アメリカの酷暑の中で唯一目撃した熱中症であった。

P1010093.JPG撮影='06/6
酷暑の中でカントリーダンス、この後救急車が呼ばれたが
呼んだのは我々の仲間の日本人であった。





posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

忘れえぬ思い出

テキサス・ダラス6月
35℃を超える猛暑の中私たちのバスが故障した。
堤防への急な坂道に無謀にも突入してバスの後部がつかえてしまったのだ。

代替えのバスの来る間
生真面目で律儀な乗客の4人がどこかから板や丸太を調達してきて
梃子の原理の応用でこの状況からの脱出を試みた。

汗みどろで奮闘すること1時間
結局アメリカの長大な大型バスは尻餅をついたきり
ビクともしなかったが、この時の4人は私のヒーローとなった。

ほかにも男性はいなかったわけではないが
近くにある涼しい店舗の中で見守っていたにすぎない。

19年前の事である。

Blue Melodies.jpg

*****************************

このヒーローの中の一人、Fukuchanの訃報が届いた。
あまりにも突然で、あまりにも若く聞いた瞬間涙があふれた。


今日はGeorge StraitのBlue Melodiesと共に
この忘れえぬ思い出に浸ることとする。

RIP


YouTubeで見る





posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

フォー・コーナーズ

米の旧国道66号線(Route 66)沿線は今なお当時の
西部発展の歴史文化を色濃く残している。

フォー・コーナーズと呼ばれる一帯がある。
文字通り、四つの角が交わるところ。
FourCorners02.jpg

すなわち、ユタ、コロラド、ニューメキシコ、アリゾナの4州が
堺を接する全米唯一の場所である。
FourCorners03.jpg

FourCorners01.jpg
米国旗を中心にアリゾナ、ユタ、コロラド、ニューメキシコの
各州旗とともに大部分がインディアン居留地となっているため
ナバホ族、ユト族の旗  2007/6撮影


日本にも4県とはいかずとも3県境で売り出しているところがあるのを
ご存知だろうか。

栃木、群馬、埼玉の3県である。
山や川、湖の中などにはあるものの平地で行かれるのは
ここだけとか・・・・

2010年ころから整備して観光に力を入れているという。
インスタ映えするといいね!

sankensakai.JPG

だけど・・・国旗も県旗もないね。




posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

ギブソン

2018年5月3日次のようなニュースが飛び込んできた。

*****
アメリカのギターメーカー、ギブソン・ブランズが1日、
日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条の適用を申請した。
多くの著名アーティストが愛用した著名ブランドだが、
音響機器メーカーなどの買収があだになり、経営破綻に追い込まれた。
リアルサウンド テックより
*****

このニュースは私に感慨を持って懐かしいある光景を思い出させた。

*****************************************************
2000年ファンフェアのある日。ナッシュビルで。

オープンしたばかりの巨大ショッピングモール、オープリーミルズ。
この中の一角にGibson Bluegrass Showcaseがあり
公開修理をしている円形のカウンターの中では
若い職人が修理したばかりのマンドリンを抱えると言った。

「何でもリクエストしてくれ」

それでは、と咄嗟に思いついたのが
「Will The Circle Be Unbroken(永遠の絆)」

「オーケー」彼が貼り付けたばかりのマンドリンを奏でると
カウンターの周りにいた何人かがそれに合わせて歌い
ギブソンの広場はちょっとしたミニコンサートとなった。

******************************************************

gibson.jpg

オープリーミルズにはすでにGibson Bluegrass Showcaseの名前が無い。
ギター生産開発及び販売事業は継続していくそうだが
オープリーミルズもすでに経営母体が変わり
撤退した店舗も数知れないという。

わずか18年の間の浮き沈みの激しさに世の厳しさとはかなさに
感慨深いものを感じている。




posted by Dolly at 20:09| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

図柄入りナンバープレート

2017年4月より日本でも自動車版「図柄入りナンバープレート」が
解禁された。

まずは、「ラグビーワールドカップ2019」
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の特別仕様の図柄から。

その後2018年10月頃より、
地域の魅力ある風景や観光資源を図柄にした
“地方版図柄入りナンバープレート”の配布開始。

一般自動車ユーザーは
自治体の特色を生かしたこの”ご当地ナンバープレート”と通常のものと
どちらかを選択できるようになるという。

2000年カントリーミュージックファンフェアの会場で見て感激した
アメリカのナンバープレートのように
日本でもやっと街中をカッコいいプレートを付けて車が走ることになる。
カッコいいかどうかは自治体のセンスによるだろうが知恵の絞りどころ。

今少し先の話になりそうではあるが・・・・。

2000/6撮影
NOegara.jpg



posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

20秒早い

最近のニュースから
「首都圏新都市鉄道の普通列車が南流山駅を定刻より20秒早く出発させたとして謝った。」
**************************
いかにも日本らしい。
ただ思い出すのはシカゴから乗ったカリフォルニアゼファー号での経験。

次の記事参考
2010年7月4日付けのこのブログ記事
「カリフォルニアゼファー号」

大概は遅れ気味なのだが距離が長いだけあって時間調整はやりやすい。
カリフォルニアゼファー号終着駅では定刻の事も多い。

サクラメントでは一時間早い出発となったわけだが
後から駆け付けた客と駅員とのやり取りなど勝手に想像して
可笑しがったものだ。

もっともサクラメントは長距離列車ゆえに
降りる人しかいない駅だったのだろう。

でも駅だから乗る人だっていないわけではないだろう。
自分がその客の立場だったら・・・?
その苦い経験に懲りて2時間くらい前に駅へ来ているかもしれない。

でも何かと忙しい日本人の自分にはその2時間が
どんな時間になるだろう・・・と
想像するだけでも可笑しい。

結論は出ない。
お国柄と言うよりほかない。

そのお国柄はあまり褒められたもんではない。。。とは思うが・・・・。

DSC02859.JPG
約50分定刻より早くサンフランシスコ到着






posted by Dolly at 00:00| Comment(0) | カントリー雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする